特定非営利活動法人

大江戸文化振興ネットワーク

保護者会向け音読講座

25年度夏季音読講座


府中市散策

八犬伝入門

 


江戸しぐさとは


「江戸しぐさ」ってなんだ

「江戸しぐさ」
お互いに摩擦を回避し、共存共栄する知恵として、相手に配慮する身のこなし術「江戸しぐさ」
 お互いを尊重しつつ、気持ちよく生活するため生み出された庶民の知恵は、小・中学校の道徳の授業のテキストや、社員教育の一環として取り上げられ、話題を呼んでいるそうです。
マナー・モラルが欠如しかけている日本の現代人にこそ必要とされているのかもしれません。
「江戸しぐさ」
 都市特有の考え方と、それを瞬時に伝達する身体技法「江戸しぐさ」。
全国各地から人が集まり百万都市に成長した江戸。文化も生活の形も異なる赤の他人同士が、狭い土地でひしめきあって暮らしていくための生活の知恵。互いに摩擦を回避し、共存共栄する知恵として、相手に配慮する身のこなし術江戸時代の江戸の商人たちの間で育まれ口承で綿々と伝えられてきた「江戸しぐさ」それは「商人しぐさ」であり「繁盛しぐさ」でした。
単なるマナーや作法ではなく「くせ」にまで昇華した考え方であり生き方だったようです。
その「江戸しぐさ」は明治政府が設立した段階で商人たちの緻密なネットワークを恐れた政府が徹底的な粛清をおこない壊滅してしまったそうです。
それを故芝三光師に弟子入りされた越川禮子さんが長い時間をかけて聞き出し考え、整理したのが、この「江戸しぐさ」だそうです。
世の中はますます物騒で、社会の不安も高まっていますなか。現代でも、グローバルスタンダード(世界標準)として立派に通じると思います。私たち大江戸文化振興ネットワークでは「江戸しぐさ」普及に取り組んでいます。
先人たちの知恵、世界に誇れ現代にも通じる「江戸しぐさ」を埋没させず子供から大人までを対象に生涯学習としてお話の会を提案したいと思います。
学校での道徳の時間、地域公民館等での講話、企業研修など、ご希望に応じて出向きお話をさせていただく準備が整っています。
ご遠慮なくお問い合わせください。

 特定非営利活動法人大江戸文化振興ネットワーク


事務局 〒183-0033東京都府中市分梅町5-10-1プロシード中河原二番館307号


電話:042−360−8226 FAX:042−319−8108



担当・・・土屋隆英






inserted by FC2 system